膝蓋靭帯炎(膝の真下が痛い)

膝の曲げ伸ばしを繰り返すことで、膝蓋骨と脛骨をつなぐ膝蓋靱帯が炎症を起こします。重症例では膝蓋靱帯が完全に断裂します。 バレーボール、バスケットボール、走幅跳や走高跳びなどの陸上の競技、野球[キャッチャー]、サッカー[キーパー]などのジャンプや屈伸運動を繰り返すスポーツのよって起こりやすくジャンパー膝や大腿四頭筋腱炎とも呼ばれ、とくに成長期や身長の高い人によく見られます。発生頻度は、思春期女性に多く、一側・両側ともに発生します。膝蓋靱帯炎は全スポーツ外傷の約7%、膝関節慢性外傷の約30%を占めます。 ◯分類 ロールズの分類...

タナ障害(膝に引っかかるような違和感)

膝関節部には滑膜ヒダ(膝蓋外側滑膜ヒダ、膝蓋内側滑膜ヒダ、膝蓋上滑膜ヒダ、膝蓋下滑膜ヒダの4種類)が存在し、このうち膝蓋内側滑膜ヒダは別名タナと呼ばれますが、これが大きく大腿骨内顆前面を広く覆う場合、あるいはそれが弾性を失って硬くなる場合、障害の原因となりこれをタナ障害といいます。滑膜ヒダは胎児期に一時的に作られ、出生後も残存することが約半数あるそうです。機能的には切除しても問題はありませんが、膝の曲げ伸ばしを繰り返すことでタナが内側膝蓋大腿に挟まり、大腿骨下端の膨らんだ部分とこすれて炎症を起こし、腫脹や疼痛が現れます。...

ハムストリングス肉離れ(サッカーでシュートを打った瞬間に太ももの裏に激痛)

ハムストリングスが収縮しようとしている状態で伸展された時に好発します。これは、遠心性収縮によるもので下腿が振り出されてから接地に至る際や接地から蹴り出される際に起こりやすいとされています。 大腿四頭筋肉離れと同様で筋腱移行部の発生が多く、稀に膝伸展位で股関節屈曲を強制された時にもみられ、この場合は強い介逹外力により坐骨結節付近での完全断裂が生じます。 受傷時には、鋭い力の抜けるような大腿部後方の痛み、場合によっては音が聞こえるこうな突然の衝撃を感じることが多くあります。 また、その他の要因として・・・ 1.筋疲労...

弾発股(あぐらがかけない)

弾発股とは、股関節の周辺にある腱や筋が、骨の出っ張った部分などに引っ掛かり音が生じて、痛みも伴う股関節の疾患のことです。大腿骨の外側の部分と靭帯との間で引っ掛かりがあり、そこで炎症を起こすことで股関節痛を生じます。股関節が動く時に、その引っ掛かりから、コツンとかボキッとかいう音を発するため、弾発股はばね股とも呼ばれることがあります。弾発股は比較的若い女性に出やすい症状とも言われ、股関節部に炎症がある間は、激痛を伴う疾患です。 「分類」 外側型:大転子と腸脛靭帯との摩擦                大転子と大殿筋との摩擦...

手関節の痛み

手関節の解剖) ・橈骨遠位端部+尺骨遠位端部+近位列手根骨 ・遠位橈尺関節=橈骨遠位端の尺骨切痕+尺骨遠位端の関節環状面 ・キーワードになる靭帯→内側手根側副靱帯                                            背側橈尺靭帯                                            掌側橈尺靭帯                                            橈骨三角靭帯...

手根管症候群(手首が痛む指がしびれる)

手関節の掌側で横手根靭帯と手根骨に囲まれたトンネルを手根管といいます。手根管症候群は、手根部のトンネルにおける炎症、骨折、奇形、腫瘤などのために、手根管が狭くなるために手根内の内圧が上昇し、手根管内を通る正中神経が圧迫されて発症する絞扼神経障害の一種です。手根管は手関節部にある手根骨と横手根靭帯(伸筋支帯)で囲まれた伸び縮みのできないトンネルで、その中を1本の正中神経と指を動かす9本の腱が滑膜性の腱鞘を伴って走行しています。 <原因>...